Archive for the ‘クリーム’ Category

朝日新聞に「オピニオン」という「耕論」というコラムがあります。(土曜掲載)
毎回3人の論者がそれぞれの視点で自分の持論を主張します。

今回は
「健康で、長生きしたい。いつまでも美しくありたい。でも、老いは確実に忍び寄る。話題のアンチエイジング(抗加齢)は頼りになるか。それとも淡々と老いを受け入れるべきか」
で同志社大教授・米井嘉一さん、生物学者・本川達雄さん、美容家・IKKOさんが意見を出し合います。

muNoage(ミューノアージュ):IKOKOさん:朝日新聞より
⇒朝日新聞の電子版サービス「朝日新聞デジタル」はこちらから

本川さんの
「お年寄りに優しい長寿社会は、裏を返せば若者いじめの社会」というご意見も「おおっ、そうか」と視点替えすることができましたが…

このブログを運営している身であればやはりIKKOさんの意見が気になるところですよね。
「自覚するからがんばれる」というタイトルの記事です。

IKKOさんは皮膚科の美容クリニックには通うけれど、美容整形手術はしないとのこと。
(きっとIKKOさんの行ってる皮膚科の美容クリニックって「東京ミッドタウン皮膚科形成外科Noage」だよね…muNoage(ミューノアージュ)の「アドバンストリジュビネーションクリーム Ex」を使ってるんだもん…)

もしも体にメスを入れて女性に近くなったとしたら、こんなに努力できないでしょう。自分自身の中から男性が消えていない瞬間を何度も何度も自覚するから、目標に永遠に達することができないからこそ、がんばれるんです。

――記事抜粋。

うわ~。女性の上にあぐらをかいてる自分が恥ずかしい…(〃 ̄ω ̄〃ゞ

⇒美白、肌再生、アンチエイジングなら東京ミッドタウンのmuNoage(ミューノアージュ)はこちらから

Read the rest of this entry »»

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.


Tags :

「Cセラム」で少しサイエンスコスメに関する視点が変わった所で最後の仕上げ、「ホワイトクリームex」にいってビシッと締めたい、と思います。

では「透明肌対策の効果的な3ステップ」のStep1、透明感の向上2
■機能クリーム:ホワイトクリームex を使ってみます。

b.glen(ビーグレン):ホワイトクリームex1
⇒浸透の実感!今までに体験したことがない効果の早さ。バイオ基礎化粧品b.glenはこちらから

パール粒大くらいのホワイトクリームexを手の平にとり、お顔全体(目の周り、唇は除く)を包むようにやさしくなじませます。手の平がお肌に吸い付くようになるまでやさしく押さえます。夜、就寝前にご使用下さい。
●最初のご使用にあたり、パッチテスト(腕の内側に少し塗布して一日様子をみる)をするか、気になる部分のみ綿棒でこく少量を塗布して異常がなければご使用下さい。
●日中のご使用はお勧めしておりません。
●赤み、かゆみ、刺激があった場合はご使用をおやめください。
●本品にはハイドロキノン1.9%を使用しております。妊娠・授乳中のご使用に際してはかかりつけのお医者様にご相談して下さい。
(パーッケージより)

「Cセラム」の使用感のインパクトが強かったし、「ホワイトクリームex」にはあまりにも注意書きが多いので、きちっとパッチテストまでした私。(片付けられないA型です)
構えに構えましたが…いい意味で普通でした。無臭でなんの抵抗もない普通のクリーム。いや、普通って言っちゃダメだね、偉大なクリーム、「ホワイトクリームex」。

⇒浸透の実感!今までに体験したことがない効果の早さ。バイオ基礎化粧品b.glenはこちらから

Read the rest of this entry »»

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.


Tags :

やけど治療薬をヒントにした肌再生クリーム muNoage(ミューノアージュ)「アドバンストリジュビネーションクリーム Ex」。
エイジングケア、美白、アレルギーなどの肌のトラブルおまかせあれ!

muNoage(ミューノアージュ):クリーム6
⇒美白、肌再生、アンチエイジングなら東京ミッドタウンのmuNoage(ミューノアージュ)はこちらから

感動のmuNoage(ミュノアージュ)「アドバンストリジュビネーションクリーム Ex」、今日は少し成分的な話をします。
成分を語るには「ドクターズコスメ」「メディカルコスメ」の勉強不足の私です。
が、頑張っていきます。

muNoage(ミュノアージュ)の「アドバンストリジュビネーションクリーム Ex」は肌再生成分として7種類のペプチドがふんだんにはいっています。
だから前のブログの記事で私がえらく感動したハリと弾力がパワフルに発揮されたんですね。

………「ペプチド」って何だろう?

世界的にも有名なスイスのローザンヌ大学で、やけど治療などのために開発された、7つのペプチドを配合した医療用肌再生クリーム「PHP」(サイトのプログラム言語のことではありませ~ん)。お肌の先進国・欧米では多くの医療機関でこの「PHP」が使用されています。

ペプチドは、アミノ酸が 2個から数 10個程度つながったものです。

そのひとつである「パルミトイルペンタペプチド-3」は、「マトリキシル」とも呼ばれます。皮膚に実際に存在しているコラーゲンを構成しているアミノ酸のことで、皮膚に浸透しやすく、線維芽細胞に働きかけてコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の合成を刺激します。
その結果、シワを修復するだけでなく、シワができにくい弾力性のある肌質へと肌を改善します。皮膚の弾力を向上させ、加齢による肌のたるみを改善するために最適な成分であるということができます。

そして「アセチルヘキサペプチド-3」という成分は、「アルジルリン」とも呼ばれています。
この成分の効果は、ボトックスとして知られるボツリヌス菌毒素注射によるシワ取り効果とよく似ています。「アルジルリン」は目尻の笑いジワ、眉間のシワなどの表情によってできてしまうシワに有効です。
なぜならこのような表情ジワは、コラーゲンの減少ではなく、筋肉が緊張することによってできるものですので、筋肉の収縮を制御している神経伝達の経路に働きかけるペプチドが筋肉を弛緩させることによって、シワを作らなくするのです。

ペプチドはボトックスより安全性が高いとされているため、多くの化粧品に含まれるようになりました。

………以上、「ペプチド」について

このペプチドを日本で始めて採用したのが「東京ミッドタウン皮膚科形成外科Noage」(なんかドラマみたいな名前の病院だね)の皮膚科専門医・今泉院長。彼女が日本人の肌に合わせた7種類のペプチドを配合した化粧品を開発しました。

そして「シワ」「タルミ」「乾燥」「シミ」「クスミ」「毛穴」等の悩みにこれひとつで効くmuNoage(ミュノアージュ)から「アドバンストリジュビネーションクリーム Ex」が誕生したわけであります。
ちなみにこの技術をもっているのは日本では今泉院長だけだそうですよ。
肌は大切にしたいけど、やっぱ化粧もしたい!
という女性の声に答えた「攻めのエイジングケア」

⇒美白、肌再生、アンチエイジングなら東京ミッドタウンのmuNoage(ミューノアージュ)はこちらから

Read the rest of this entry »»

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.


Tags :

[ミューノアージュ] ブログ村キーワード

muNoage(ミューノアージュ)の「アドバンストリジュビネーションクリーム Ex」をひとつ頂いていそいそ帰宅する私。
さっそく待ちきれずがさがさと中身を覗いてみます。スパチュラがついています。

muNoage(ミューノアージュ):クリーム4
⇒美白、肌再生、アンチエイジングなら東京ミッドタウンのmuNoage(ミューノアージュ)はこちらから

――さすが!高級感が漂っていますね。
定価は一個8,400円。ちょっとお高いです。
が、muNoage(ミューノアージュ)のメイン商品はこのクリーム、「アドバンストリジュビネーションクリーム Ex」。
クリームが一番最初にできたのです。
なのでこのクリームひとつでお肌の手入れはことたりるとのこと。
ほんとかな???

鼻水でべたついた(もう洗うだけでヒリヒリする)顔をキレイに洗い流し「アドバンストリジュビネーションクリーム Ex」を前にしてかしこまって座る私。

恐る恐るちょっとづつ塗ります。やっぱり痛くない…さすが!
油分感がなくてどこまでもすーっとのびていく。むしろちょっと水っぽいかな?
そして塗っているうちにどんどん吸い込まれていくのです。
やっぱり見た感じはクリームなのですが、肌にのせるとゲルっぽくなります。

「…幸せ…」(⌒-⌒)ニコニコ…
お肌の手入れとひりひりが一度に解消されて本当にそう思いました。

で、このあと間の悪いことに宅急便が来たんです。
ダンボールを受け取った後、手がちょっと汚れて

「うわ~~、せっかく手もクリームで潤ってるのに洗いたくないよ…」

としぶしぶ洗いました。

――が…

⇒美白、肌再生、アンチエイジングなら東京ミッドタウンのmuNoage(ミューノアージュ)はこちらから

Read the rest of this entry »»

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.


Tags :

私がmuNoage(ミューノアージュ)のクリーム「アドバンストリジュビネーションクリーム Ex」に初めて会った時そう思いました。(マジで。(*゚O゚)ノ スゴイッ!!! )

muNoage(ミューノアージュ):クリーム1
⇒美白、肌再生、アンチエイジングなら東京ミッドタウンのmuNoage(ミューノアージュ)はこちらから

その日、私は秋の花粉症なのか寒暖差アレルギーなのかとにかくくしゃみと鼻水がとまらない状態で、説明をぼんやり聞いていたのですが…
もちろん鼻のかみ過ぎで鼻の皮はヒリヒリ状態。まわりはさぞかしうっとおしかったことでしょう。

「よかったらどうぞ」
(よかったもなにも手の甲にクリームをのせられちゃった)
と高価なクリーム「アドバンストリジュビネーションクリーム Ex」を惜しげも無くてんこ盛りに次々に分けていくmuNoage(ミューノアージュ)の開発者達。
(そして薄化粧で肌がキレイ(゚ー゚☆キラッ)

『しかたないな…今、これを顔にぬったらひどい事になるな…』
と思い手にのばす…香りがまったくない。クリームの重さ、なし。
塗るとゲルに近い感じですーーっとのびる。

『もしかしたらイケるかも』と思い、ピリピリしてる鼻周りにおそるおそる塗ってみました…。
染みない…。というか軟膏の代わりになるかも。助かった~~
ちょっとびっくりでしたね。「アドバンストリジュビネーションクリーム Ex」。匂い、刺激が全然ないんですよ。
クリームを肌に置いた途端にゲル状になって肌にすーと浸透するカンジ。

「――スゲー…ネ申?」

そう、神クリームだったのです。†ヽ(゚ロ゚;) 
muNoage(ミューノアージュ)「アドバンストリジュビネーションクリーム Ex」

⇒美白、肌再生、アンチエイジングなら東京ミッドタウンのmuNoage(ミューノアージュ)はこちらから

Read the rest of this entry »»

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.


Tags :

  • ↓一位になりました♪ にほんブログ村 美容ブログ アレルギー肌へ
    人気ブログランキング
  • コスメを試す人

    森乃やまね


    森乃やまね:プロフィール画像:顔
  • 無料で試せるニキビクリーム
    今すぐ試す!!生活向上WEB
  • 美白にお勧め!

    と見せかけ実は私のセルフバック用のバナー ≪公式≫エディー・バウアー オンラインストア